DreaDia

HIPHOP情報メディア

【超WAVYでごめんね】JP THE WAVYの新曲「DRIP」

【超WAVYでごめんね】JP THE WAVYの新曲「DRIP」

「超WAVYでごめんね」でお馴染みのJP THE WAVY

JP THE WAVYのプロフィール

JP THE WAVYは1993年生まれ、神奈川県出身のラッパーです。

もともと、中学生の頃から「Do The Light Inc.」というダンスクルーに所属していたWavy。

18歳の時、そのダンスクルーに新要素を取り入れる為に、ラップを始めたそうです。

そして、2016年末から「JP THE WAVY」の名前で活動し始め、2017年には「Cho Wavy De Gomenne Remix feat.SALU」をYouTubeにアップします。

この曲は、瞬く間にSNSで拡散され、再生回数が上昇。一躍スターとなりました。

現在は国内にとどまらず、「Kid Milli 」、「Psy.P」と日中韓コラボを果たしたり、テキサス州の音楽イベントに出演したりなど、海外にも進出しています。

「TWOPEE Southside」とのシングル曲「DRIP」

タイのラッパー「TWOPEE Southside」とシングル曲「DRIP」をリリース

2021年04月末、「DRIP : Twopee Southside & JP THE WAVY」をリリース。

この曲は、タイのラッパーである「Twopee Southside」とのコラボ曲です。

Listen on Apple Music

また、プロデュースはKhanが務めます。ジャンルはトラップ

ビートには、タイを感じさせるメロディやリズムが取り入れられており、その上を自由に走るWavyのフロウは絶品です。

また、Twopee Southsideのアメリカの影響を受けたフロウは、さすがタイと言わざるを得ません。

そこら中で爆音の音楽が流れていると言われているタイ。

音楽との関わりは、日本人よりも密接で、流行にも敏感でしょう。

この曲では、アメリカなどの流行を取り入れつつ、自国のメロディーも組み合わせるというタイならではのスタイルも楽しめます。

Listen on Apple Music

スタイルを貫くJP THE WAVYに対するリアルな声

JP THE WAVY

今やWavyは、曲を出す度TikTokをはじめとするSNSで拡散されるほどの人気があります。

Cho Wavy De Gomenne」を代表とする、キャッチ―かつノリのいい曲が多いWavyですが、聴く側の率直な意見はどんなものなのでしょうか。

まず一番多いのが「かっこいい」という言葉です。曲に対するかっこいい、容姿に対するかっこいい、MVに対するかっこいいなど様々ですが、なかでも多いのが「音楽に対する姿勢」についてのかっこいいです。

十分有名になり、ポップ路線で安定化を図るアーテイストが多い中、Wavyはハードな音に乗り続けています。この自分のスタイルを貫きとおす、という姿勢に対する「かっこいい」という声がとても多いです。

JP THE WAVYのファッション

JP THE WAVY A BATHING APE

次に多いのが「おしゃれ」という声です。「JP THE WAVY」を構成する要素の中で、比較的大きな割合を持つ「ファッション」。

このファッションに対する声がとても多いです。Wavyと言えば、アパレルで働く友達が多く、彼自身もおしゃれなことで有名ですよね。

そんなWavyのファッションは、大胆かつカジュアルな服を、大人に着こなすという印象を受けます。そんなWavyのファッションに対する声は、「かっこいい」という言葉についで多いです。

JP THE WAVYが着用するアパレル

A BATHING APE

言わずと知れたストリートブランドですね。日本人デザイナーが設立したこのブランド、知っている人も多い筈です。「Neo Gal Wop」のMVではWavyが同ブランドのパーカーを着用する姿が見られます。

READYMADE

READYMADE

Travis Scottの愛用ブランドとしても知られる「READYMADE」。こちらも日本人デザイナーが設立したリメイクブランドです。そのため、同じものが二つとなく、ファッション好きの間ではかなり流行っています。インスタグラムではwavyがこのブランドの服を着用している姿が見られます。

Return Top